足を細くする筋トレは要注意?脚線美を達成する秘密のバランスとは?

Pocket

 

 

あなたは足を細くする筋トレがあるならやってみたい!と思っていませんか?

 

 

私の場合、モデルさんのシュッとしたプロポーションでまず目がいくのが細い足です。

テレビや雑誌で見てると、

 

「あ~、私もこのくらい足が細くなればなぁ・・・」

 

と何回もため息をつきましたからね汗

 

 

そしてビックリしたのが、多くの足の細いモデルさんは筋トレをやって脚線美を達成してるとのこと。

 

 

 

かなり耳寄りな情報ですよね?

 

 

という訳で、あなたもめちゃくちゃ気になってる【足を細くする筋トレ】について私が徹底的に解説しちゃいます。

最後まで読んで頂ければ、きっとあなたもシュッとした脚線美を手に入られますよ。

 

足を細くする筋トレの効果はかなり期待できる!?

slimming-foot-training

 

足を細くする筋トレの効果って、実際にどのくらいあるのか気になりますよね?

 

 

そしてあなたは足を細くする筋トレをやって・・・

 

 

筋肉がムキムキとした足になっちゃったらどうしよう!?

 

って心配をしてるんじゃありませんか?

 

 

 

でも大丈夫です、私がバッチリ解説しちゃいますね!

 

 

まずはじめに、足を細くする筋トレはとても有効と言えます。

なぜなら・・・適度な筋力があると足がキュッと締まるだけでなく、何もやってない時でも勝手に脂肪が燃えてくれるからです。

 

あなたが

ゴロンと寝ながらスマホをいじってるとき

医療ドラマを見ながらグッと感動を味わってるとき

スヤスヤと気持ちよく睡眠をとってるとき

 

上のような状況でも脂肪がバッと燃え続けてくれるなんて、めちゃくちゃ頼もしいと思いませんか?

効率的に足を細くする要素が筋トレには詰まってると言えるでしょう。

 

 

 

また、【足を細くするために筋トレをして筋肉がムキムキになったらどうしよう】という心配もしなくて大丈夫です。

実はムキムキになる人って、かなり厳しいトレーニングを毎日のように繰り返しているのです。

 

ですから、女性が普通に筋トレをするぶんにはムキムキになりませんのでご安心を!

 

 

 

足を細くする筋トレの効果はかなり期待できます。

では、具体的にどんなトレーニングからやれば良いのでしょうか?

 

足を細くする筋トレを自宅でやる場合のコツ

strength-training-at-home

 

今から足を細くする筋トレの実践方法をあなたに紹介しますね!

 

 

しかし・・・せっかく筋トレを始めるのに自宅で気軽にできないと、長続きしなくてスラっとした細い足を実現するのは難しくなっちゃいます泣

 

こんな悲しい事態はなんとしても避けたいですよね?

 

 

 

ですから!

あなたの自宅で気軽にできて、しっかり続けられる筋トレを厳選しました。

 

それでは一緒に見ていきましょう。

 

ふくらはぎには気軽にできる繰り返しの筋トレが効果的

calf-strength-training

 

足を細くする筋トレとして、まずはふくらはぎに効果抜群の方法をあなたへお伝えしますね。

 

あなたのふくらはぎがむくんでいるといけませんから、まずはお風呂で温めながら入念にマッサージしてください。

そして

 

つま先立ちを20秒やって、かかと立ちを20秒やる。

 

 

この繰り返しをあなたが空いてる時間にサッとやっちゃいましょう。

ふくらはぎにたまっていたお肉がキュッと締まって、徐々に細くなっていきます。

 

 

 

今紹介したふくらはぎの筋トレなら、

・電車で通勤してるとき

・電子レンジで冷凍食品が温まるのを待ってるとき

・自宅で友達とラインのやりとりをしてるとき

 

という、あなたの好きなタイミングでできますから、筋トレが面倒にならずに続けていけそうですよね?

 

 

コツとしては暑い日でもシャワーで済まさずに、湯船につかって丁寧にふくらはぎを揉んでください。

身体の中のめぐりが良くなると、筋トレの効果がより出やすくなりますからね。

 

太ももにはお尻を意識した筋トレが効果的

thigh-strength-training

 

足を細くする筋トレとして、次は太ももを集中的に細くする方法をあなたに教えますね。

実は太ももって、ヒップラインをグッと上げるような筋トレをすると細くなっていくんですよ。

 

 

そこで!

 

ヒップと太ももを同時にキュッとキレイにしてくれるのが、スクワットと呼ばれる筋力トレです。

 

 

正しい姿勢でスクワットをやると、無駄なお肉が燃やされてあなたがずっと憧れていた脚線美へ突き進むことができますよ。

だからこそ姿勢はとても重要!

 

 

という訳で・・・スクワットの正しい姿勢とやり方を詳しく紹介した動画があるので、まずはご覧下さい↓↓

 

 

スクワットのコツとしては、正しい姿勢でお尻を突き出してブレずに状態をしっかりキープすることですね。

しっかりキープすることで筋力が付いて、脂肪の燃焼が格段にアップするんですよ。

 

 

私の場合、スクワットはお風呂へ入る前にじっくりとやってました。

これには理由があって、私は汗っかきな体質でスクワットをすると少し汗ばんでくるんですよね。

 

だから筋トレのあとにすぐに汗を流したいと思って、スクワット⇒お風呂の順番でずっとやってました!

 

 

あなたもスクワットをやってみて汗が気になるようでしたら、私と同じようにやることをおすすめします。

 

 

 

ここまで足を細くする筋トレの具体的な方法をお伝えしましたが・・・

 

 

 

 

これなら私でもできる!

have-confidence

 

と、あなたは自信を持ったのではありませんか?

 

 

 

足を細くする筋トレをやっていけば、1ヶ月を過ぎたくらいから「あれ?細くなってきたかも!」と感じるはずです。

 

 

ちなみに最初は筋肉痛で足がピリピリとすると思いますが、そんな時は無理せずに筋トレをせずに休んでくださいね。

私は筋トレの途中で筋肉がピキンと張ったりだるさを感じたら、屈伸運動で筋肉を丁寧に伸ばしてそのまま筋トレを終了してました。

 

ちょっとヤバいなと思ったら、筋トレを中止する勇気も必要ですよ。

 

 

そして筋肉痛が気にならなくなったら、また筋トレをやれば良いわけです。

 

続けることで筋肉痛も次第に無くなりますので、ご心配なく!

 

待って!足を細くする筋トレで脚線美を手に入れるには問題が多い?

there-are-many-problems

 

足を細くする筋トレの方法は、あなたにしっかりと分かってもらえたと思います。

 

 

「よし!これで私は大丈夫!」

 

 

 

と思いきや・・・

実は足を細くする筋トレには、見逃すことができない注意点があるのです。

 

足を細くする筋トレの注意すべき点

①どれくらいの負荷をかけると1番足が細くなるのか分からない

②負荷をかけ過ぎてケガをする可能性がある

 

 

足を細くする筋トレの正しいやり方が分かっても、どのくらい負荷をかけるのがあなたにとって最適なのか判断するのが難しいです。

だって人によって体質や筋肉の量や柔軟性などが違うのは当たり前ですよね?

 

 

たとえば、私の柔軟性が10段階の中で3だったとします。

そしてあなたの柔軟性が10段階の中で5だったとしますね。

 

あなたの方が私より柔軟性が高いため、私と同じスクワットの量をやっても「物足りない」状態になる可能性があります。

となると・・・十分なトレーニングが足に行き届いてないので、足が細くなるスピードがガクンと落ちてしまいます。

 

 

かと言って、トレーニングを一気に増やしても・・・自分の限界が分からないので、負荷をかけ過ぎてケガをする可能性が高くなってしまうんですよね。

 

付け加えると・・・トレーニングであなたが耐えられないような負荷をかけ過ぎた場合、次第に正しい姿勢が崩れてバランスが悪くなり、付いて欲しくない部分に筋肉が付くことがあるのです。

 

 

 

そうなんです!

脚線美を達成するには、

 

 

あなたの身体とトレーニング量の絶妙なバランスを把握しないとダメなんです。

 

to-worry

 

 

もしあなたがバランスをしっかり把握しながらトレーニングを積めるなら、足を細くする筋トレは成功するでしょう。

 

 

 

しかし・・・

 

 

「私はそこまで把握できないよ。。」

 

とあなたが今思っているなら、プライベートジムであなたの身体を細かく分析してもらって、自分に最適なトレーニングの指導を受けた方が良いですよ。

 

プライベートジムはあなたのためだけにトレーニングを作成してくれて、トレーナーと呼ばれる足を細くする筋トレのプロがマンツーマンで指導でわずか2ヶ月でスラっと美しい足に仕上げてくれるんです。

 

 

中でもライザップは「美脚プログラム」と呼ばれる足痩せの特別なコースがあり、多くの女性から爆発的な支持を集めています。

 

足を細くする筋トレの問題を完全解決するボディメイク方法

rizap-great

 

 

 

今から2ヶ月後、あなたの見事な脚線美に周りの人から絶賛の嵐です

 

 

 

ライザップではマンツーマンでトレーニング指導をしてくれるトレーナーを中心に、医師や栄養士がチームとなってあなたの足痩せをサポートしてくれます。

各分野の専門家によって、あなたに1番のトレーニングメニューを決めてくれるのはライザップだけですよ。

 

 

ですから、

 

ケガすることなく最短でキレイな脚線美が手に入ります

 

 

専門家の存在って、あなたにググッと大きな安心感を与えますよね?

 

 

ライザップではダイエットの結果に徹底的にこだわっていますから、今まで10万人以上という圧倒的な数の成功者を出しているわけです。

 

しかも圧倒的なダイエット成功だけではなく、保証が充実してるのもライザップの魅力です。

と言うのは、どんな理由でも30日以内に申し出れば支払った料金が全額返ってくるんですよ。

 

 

 

 

ここまで手厚い保証はライザップ以外にありません。

足を細くする筋トレで間違いなく結果を出す自信がないとできないサポートだと思いませんか?

 

 

ライザップの美脚プログラムは2ヶ月で348,000円かかりますが、足が細くなるという納得できる結果と充実のサポートがそろっているので利用する女性がいつもたくさんいます。

 

 

 

あなたは足を細くする筋トレで憧れの脚線美を手に入れたら、

かわいいヒールをはいて美脚を思いっきりアピールしたい

スキニーパンツで綺麗な脚線美を強調したい

周りのみんなから『やばい!すっごいキレイ!』と褒められたい

 

といった希望を必ず叶えたいはずです。

 

 

 

そしてライザップならすべて叶うんですよ。

 

 

今から未来がキラキラと輝いて見えませんか?

 

 

プロによる足を細くする筋トレは一生モノの価値になる

beautiful-legs

 

ライザップで足を細くする筋トレを受けて見事な脚線美を手に入れた後にも、とても大きなメリットがあることをお伝えしておきます。

 

ライザップでは1回50分のトレーニングを2ヶ月かけて全16回こなすわけですが、ライザップを卒業するころには自宅でできるトレーニングや食事管理の知識が自然と身に付いてます。

そしてこの知識を生かして自宅で足のケアができますから、今後の人生で足の太さで悩むことがなくなりますよ。

 

 

 

ずっと脚線美をキープできるなら、ライザップの料金も納得できると思いませんか?

 

 

 

私がライザップを利用してた時は、遠慮なくトレーナーにどんどん相談してましたよ。

 

例えば、生理や体調不良のときには無理しないでトレーナーに伝えることをおすすめします。

トレーナーはあなたの体調をしっかり確認してから

 

どんなトレーニングに変更すべきか

今回のトレーニングはいったん見送った方がいいか

次回のあなたの体調次第でどのようにトレーニングを組み合わせるか

というふうに、あなたのためにしっかりと決めてくれますから安心できますよ。

 

もし次回にトレーニングを持ち越しとなっても、1回ぶんのトレーニングは考慮してもらえますから、生理や体調不良で心配な時はなるべく早くトレーナーに伝えましょうね。

 

 

そして、私はライザップのトレーナーと積極的にコミュニケーションをとることで、「この人に付いていけば間違いなくキレイなボディメイクができる」と信頼関係ができたのが大きかったです。

 

 

rizap-pleasure

 

 

 

もしあなたがライザップのトレーナーの指導に半信半疑になるなら、思うような結果は出ませんのでライザップは使わない方が良いでしょう。

 

 

しかし!

あなたが足が細くなる筋トレのメニューを信じてトレーナーの指導に付いていける気持ちがあるなら、ライザップで最高の結果が出ますよ。

 

 

 

ですから、まずはライザップの無料カウンセリングを受けてライザップの雰囲気やトレーナーとの相性を確かめてみてはいかがでしょうか?

 

無料カウンセリングではあなたに適したトレーニング方法や施設の案内などを丁寧にやってくれます。

 

 

あなたが心から納得できればライザップを始めれば良いですし、納得できなければライザップの利用を見送れば良いわけです。

無理な勧誘はいっさいないので、ぜひあなたの目で判断してくださいね。

 

 

 

ライザップなら憧れの美脚がキッチリと手に入ります。

 

今まで着たくても着れなかった服で思いっきりオシャレをして、楽しい思い出をどんどん作っちゃいましょう!

 

 

足を細くする圧倒的な実績を持つ【ライザップ】無料カウンセリング予約はコチラ⇒

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です