着圧ソックスの効果では足痩せできないって本当?足のお肉を本気で落とすたった1つのポイントとは?

Pocket

 

 

『着圧ソックスに足痩せ効果があるならすぐにでも使いたい!』

 

と、あなたは考えていませんか?

 

 

着圧ソックスって、はくだけでキュッと足が細くなる効果がありそうですからね。

実は・・・私も足が細くなりたくて、着圧ソックスをドラッグストアで買って使用していたんです。

 

 

だけど、期待していた効果を得られずに【ん?】と疑問に思うことがあったんですよね汗

 

 

はたして、着圧ソックスの効果が出るときと出ないときは、どうやって見分ければ良いのでしょうか?

という訳で・・・あなたが着圧ソックスの本当の効果について知りたいことを、今からしっかりと解説しますよ。

 

着圧ソックスの本当の効果を知ってますか?

compression-socks-effect

 

着圧ソックスは便利です。

だってお部屋に帰ってきたら、スっとはくだけで足がキュッと締まるんですからね。

 

 

だからこそ、

 

着圧ソックスはダイエット効果抜群じゃん!

と思ってしまうものです。

 

 

しかし!

正確に言いますと、着圧ソックスって【むくみ】に効果があるのです。

 

だからあなたの足がむくみではなくて、脂肪が付いて太くなってしまった場合は着圧ソックスの効果を感じることはほぼないでしょう。

足に適度な圧力をかけると血管などのめぐりが良くなって、パ~ンと這っていたむくみが改善されるって仕組みなんですね。

 

 

 

あなたが着圧ソックスに足のむくみの改善効果を期待しているなら、上手な使い方でむくみがいち早く解消されますよ。

 

 

私の友達は、寝るとき専用の着圧ソックスを使ってましたね!

ちょっと調べてみたら、こんなにいっぱい種類がありました↓↓

 

compression-socks-rakuten

(画像:楽天市場より)

 

寝てるときに勝手にむくみが解消されるなんて、めちゃくちゃ便利ですよね?

 

私の友達は寝るとき専用の着圧ソックスをはきつつ、家にある座布団を折り曲げて足元におき、足をちょっと高くさせた状態で寝てたようです。

身体の中のいろんな液体が全体に流れやすくなるみたいですよ。

 

 

 

だけど・・・誰でも着圧ソックスの効果が出るとはかぎりません。。

 

ちょっと高いけどはいてみなきゃわかんないし、買ってみよ!と思い購入。

少しでもむくみが改善されるかと思いましたが、
むくんだ脚にはくと、めっちゃしまって痛いです。
休日の昼間とかにははいていられますが、仕事終わりの夜にはいたまま眠ることはできませんでした。(はいたまま眠ろうとしても痛くて眠れない)

で、結局あまり使わないな〜と思いました。
そしてむくみはゆっくりお風呂に浸かった時のほうがとれるなぁ…と個人的に思いました。

私には合わなかったようです。

 

といったような体験談も実際にはあるわけで。

 

 

着圧ソックスの種類によって締めつけ度合いが違うので、あなたのお友達やご家族で持ってる人がいたら、試しに着用させてもらった方が良いと思いますよ。

 

着圧ソックスの効果を期待する前にやって欲しいチェックとは?

check

 

着圧ソックスはむくみに効果があるわけで、あなたの足の悩みがむくみかどうかを知る必要があります。

 

 

そこで、私が使っている方法をあなたへ紹介しますね!

ふくらはぎの中間くらいで上のゴムがパツっと止まる靴下をはくと分かりやすいですよ。

 

①靴下を半日ほどはいてみる。

↓ ↓ ↓

②靴下をはいた部分(私の場合はかかと近くのふくらはぎ)を指でグイっと押してみる。

 

 

そして、指の跡がなかなかもとに戻らない場合は「むくみ」と判断できます。

 

すぐにできる方法なので、ぜひともやってみてください。

 

 

 

そしてあなたの足がむくみではなく足の脂肪が付いてると判断できたら、着圧ソックスの効果を得ることは難しいです。

 

じゃあ、むくみじゃない足のお肉を解決する方法は何があるのでしょうか?

 

どっちを選ぶ?着圧ソックスの効果では得られない足痩せ方法

how-to-thin-your-legs

 

着圧ソックスの効果で得られない足痩せの方法として、

・ジョギングやウォーキング

・筋力トレーニング

 

の2つを挙げることができます。

 

要は、足に付いてしまった脂肪は運動しないと取ることはできません。

 

 

 

そこで着圧ソックスの効果では得られない脂肪を取る方法として、まずはあなたにウォーキング・ジョギングをおすすめしたいです。

ゆっくりのペースでも構いませんから毎日続けることによって、徐々にキュッと足が締まってきますよ。

 

 

続けるコツとしては、ウォーキング・ジョギング専用のウェアを買うことですね。

私はユニクロで買いそろえましたけど、『途中でやめてしまったら買ったのが無駄になる!』という思いが出てくるわけです。

 

そして毎日続ける習慣が身体に染み付いてきますよ。

 

 

 

 

次に着圧ソックスの効果では得られない脂肪を取る2つ目の方法として、筋力トレーニングをあなたにおすすめします。

 

strength-training

 

 

具体的にはスクワットなどをやっていくわけですが、実は筋肉が付くと24時間休みなく勝手に脂肪が燃えてくれるんですよ。

 

 

 

 

え?めちゃくちゃすごくない?

 

って、思いますよね?

 

 

あなたは筋肉に対してムキムキとかゴツゴツしたイメージを持ってるかもしれませんが・・・普通にきたえるぶんにはキュッと締まった筋肉が手に入るので心配しなくて大丈夫です。

 

 

ウォーキングやジョギングは筋肉をきたえるというより、その時だけ脂肪を燃焼してくれるというイメージです。

逆に筋力トレーニングは、どんな時でも脂肪を燃焼してくれるわけですね。

 

 

 

 

あなたはどっちを選びます?

choice

 

 

私だったら、断然筋力トレーニングを選びます。

だってトレーニングをやってない時間の方が圧倒的に少ないわけですから、トレーニングをやってない時間も足の脂肪には燃えてもらった方がいいですよね?

 

 

 

だけど・・・筋力トレーニングでスラっと細い足になるために注意したいポイントが2つあります。

①食事のバランスも整えないといけない

②筋肉はトレーニングで限界まで追い込むと付くが、限界が分からないためケガをする可能性がある

 

 

あなたが上の2つをしっかりできそうなら、1人で筋力トレーニングをやって足痩せは成功できます。

 

ただ、2つともしっかりやるのは難しいと感じたら、食事管理と限界までのトレーニングを提供してくれるプライベートジムの利用をおすすめしますよ。

 

 

中でも、美脚プログラムで多くの女性の足を細くしているライザップは別格です。

 

筋力トレーニングの効果と着圧ソックスの効果は別物

rizap-best

 

 

 

2ヶ月後にはスラっと細い足は間違いなくあなたのものです

 

 

 

ライザップは足痩せのプロであるトレーナーが、あなたに健康的に筋肉を作る食事生活をアドバイスしたり、あなたに最適なトレーニングメニューを作ってくれるんですよ。

 

だからケガなくきっちりと足痩せに成功できるわけです。

 

 

しかも1回50分のトレーニングを全16回受けるだけでOKなんですよ。

期間でいうと今から2ヶ月後にはライザップのトレーニングが終わり、あなたの足は見違えるほど細くなってます。

 

 

着圧ソックスの効果では実現できない脂肪を燃やす作業は、ライザップだけやっていれば大丈夫ですからね。

 

 

しかも!

食生活のアドバイスやトレーニング方法はライザップ卒業後もずっと使えるので、

 

 

足の太さに一生悩まされず生活できます。

 

 

あなたは足がキュッと細くなったら、スカートやワンピースを着て思いっきりファッションを楽しみたいと思っていませんか?

 

 

 

ライザップならあなたの願いを叶えてくれますが、トレーナーと二人三脚でダイエットをするのが厳しいならライザップの利用はやめた方がいいと私は個人的に思います。

 

 

しかし、あなたがライザップのトレーナーを信じて付いていく強い気持ちがあるなら、ライザップはあなたに最適のジムだと言えるでしょう。

 

ちなみに美脚プログラムは298,000円しますが、どんな理由でも30日以内に申し出れば全額返金してもらえるので利用者が殺到しているんですよ。

 

full-repayment-guarantee

 

 

 

着圧ソックスの効果は限界がありますので、足の肉をごっそり落とすならトレーニングが1番です。

 

 

鏡で自分の足を見てウンザリしちゃっているなら、まずはライザップの無料カウンセリングを受けて悩みを相談してみてはいかがでしょうか?

 

ライザップの雰囲気を感じたり、数多くの足痩せ実績の細かいデータを見せてもらって、やるかやらないかをじっくり検討してみてください。

 

 

着圧ソックスでは解決できない足痩せならコレしかない!【ライザップ】無料カウンセリング予約はコチラ⇒

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です